MENU

目元の小ジワを予防するためのポイント

 

皮膚は乾燥するとキメが崩れてシワができやすくなるため、特に目元の小じわが目立つようになります。

 

目の周囲は乾燥に弱い薄い皮膚でできていますので、ちょっとした刺激で小じわになります。目元に刻まれたしわをそのままにしておくと、だんだん深くくっきりとしたシワになってしまうので、早めにケアしましょう。

 

目元のシワを予防するためには、保湿ケアが必要不可欠です。化粧水による保水だけでは、薄く繊細な目元の皮膚を保湿することが難しいので、アイクリームや美容液で保湿成分を浸透させるようにしましょう。

 

目元に使用するための専用のアイクリームや美容液もあり、大勢の人が使っています。

 

美容液の中には、目元に対して使うと刺激が強すぎるので、専用の美容液にしたほうがいい時があります。肌タイプが合わない化粧品を使っていると、乾燥がひどくなったり、肌荒れがましたりします。

 

目元の繊細な皮膚に用いることを想定してつくられた目元クリームや美容液は、低刺激で保湿効果の高い商品です。

 

クリームや美容液に配合されている保湿成分には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどがありますが、おすすめの成分はセラミドです。お肌にセラミドを補充することで、ハリのあるお肌になれるでしょう。

 

肌に合う目元クリームや美容液を使用することで、目元のシワを解消し、若若い見た目を保ちましょう。

 

目元の保湿クリームを選ぶ方法

 

保湿ケアとはクリームによって保湿成分を肌に与えることですが、使用方法を異なると肌トラブルを招くことになります。

 

目元の保湿クリームは必ずしも必要なものではなく、化粧水や美容液、乳液をつければ保湿力の維持には十分という人もいます。保湿クリームには多くの油分が含まれていますが、乳液など油分のあるものを使っていればそれ以上はいらないことがあります。

 

油分の多いクリームをずっとつけていると、肌の油脂分泌量が減ってしまうこともあります。化粧水や美容液をつけただけでは油分が不足している時には、保湿クリームをつけるといいでしょう。

 

美容液や乳液に含まれている油分が少ない時や、他の基礎化粧品に油分の多いものがなく、仕上げに油分をプラスしたほうがお肌のためになる時は、保湿クリームを使いましょう。

 

保湿成分にはさまざまありますが、肌の水分保持に重要な役割をしている細胞間脂質を構成する成分を選ぶことがおすすめです。肌の乾燥の要因になるものは、不健康な食事や、不規則な生活習慣、加齢による肌の老化、過度な洗浄などです。

 

細胞間脂質として知られる成分はセラミドですが、水分を保持する力も強いために、肌の保湿効果を高めるものであるといえます。脂溶性のセラミドは保湿クリームに含まれているため、保湿ケアにぴったりの成分です。

 

保湿化粧品に含まれているセラミドは、動物セラミド、植物セラミド、ヒト型セラミド、疑似セラミドなど様々です。ヒト型セラミドは皮膚によく浸透し、肌トラブルを起こしにくいので、目元用の保湿クリームを選ぶ時には適した成分です。

 

関連ページ

目元ケアをするときの注意点
目元ケアをするときの注意点とは?目の周りの皮膚は非常に薄いので、目元のケアをするときには十分に注意が必要です。
このページの先頭へ