MENU

目元ケアで注意したいこと

 

もしもクリームや美容液を目の周囲に使いたいという時は、目元の皮膚の状態で知っておきたいことがあります。

 

クリームや美容液の性質として、認識しておいたほうが肌のためになるでしょう。美容液によるお手入れの際、目の周りの皮膚が特に薄いことを踏まえておく必要があります。

 

アルコールや香料など肌に刺激を与える成分を配合していないものが多くありますが、肌に刺激を与える成分を配合した美容液もあります。肌に対して刺激になるものが配合されていないかや、添加物が入っていないかをチェックしてください。

 

どんな成分が配合されているのか確認をした上で、美容液を購入しましょう。スキンケアに美容液を使っている人の中には、高い化粧品を少しずつ使うという人もいます。

 

使用する量が足りないと塗り伸ばす時に皮膚を摩擦してしまったり、美容成分が十分に皮膚に浸透しないままにもなります。美容液の成分が皮膚のしっかり入るようにと肌をこすりすぎてしまう人もいますが、強くこするとシワの原因になります。

 

また、肌を保護しているバリア機能が壊されてしまい、肌が乾燥しやすくなってしまいます。皮膚の深層にまで美容液の成分を届けたい時は、軽く塗り広げるだけで美肌効果は得らることを覚えておきましょう。古くなった美容液は酸化をしていて肌の負担になるので、使用しないように注意しましょう。

 

加齢によるシワ対策の注意点

 

誰でも年齢を重ねると顔にシワができてしまいますが、女性にしてみるとシワはない方が嬉しいものです。シワができてしまうと、元通りのなめらかな肌に戻したくても戻せません。

 

目立たないシワのうちなら解消も可能ですが、シワがはっきりしてしまうと、いつまでも残るものです。できて間もない小さいシワは、肌の保湿をきちんと施すことによって、なめらかでハリのはる皮膚へと回復可能です。

 

セルフケアで肌のハリを取り戻すことは、ちょっとくらいならできます。高齢になると皮膚の水分は失われ、乾燥して弾力を失います。そうなると自重で皮膚が垂れ下がりやすくなり、シワができます。

 

つまり、水分をたっぷりを肌でキープさせることができれば、シワを取り除くことにつながります。シワ対策や、乾燥体側を十分にしておくと、肌トラブルが起きても改善することが可能です。スキンケアのやり方を変えることで、肌の状態を整えることが可能です。

 

ファンデーションはリキッドタイプも販売されていますので、パウダー型よりもこちらのほうが保湿に向いています。シワが目立たないよう美容クリームをつけたり、たまにパックケアをして皮膚に栄養成分を浸透させようとするといいでしょう。

 

1週間、2週間程度でのシワ取りは現実的ではないので、気長に取り組むといいでしょう。

 

関連ページ

目元の小ジワ予防クリームや美容液
目元の小ジワ予防クリームや美容液は、乾燥をしっかり予防してくれるものを選びましょう。年齢とともに目立ってくる目元の小じわ対策にはこんなアイクリームや美容液がおすすめです。
このページの先頭へ